33rpm

No wave , No style.

かつてのチャット定番「ICQ 」

f:id:freelance_writer:20200421202638j:image

新型コロナの感染拡大防止のため、政府が企業に要請しているテレワーク

みなさんのところはどうですか? 在宅、テレワーク?それとも出勤?

政府の思いと現場のギャップは、かなり大きいみたいですね。

とは言え、テレワークをするかしないかはトップにやる気があるかないかだけの問題です。オフィス業務であればとくに。

いまどきタダで使える秀逸なツールがいくらでもあるワケですし、若い人なんか用途に合わせてガンガン使えるワケですしね。

f:id:freelance_writer:20200421203037j:image

テレワークで思い出すのが「ICQ(アイシーキュー)」。

1990年代、22時からのテレホーダイ・タに、こぞってICQを使ってのチャット・タイム。

ちょっと仕事の連絡とか、私もICQを使ってました。カッコつけて (^^;

ICQイスラエルのインスタント・メッセンジャー(IM)。誰がオンラインか色で分かり、メッセージが届くと音で通知。いまのSNSでは当たり前の仕組みばかりですが、当時はかなり画期的。

もうその存在をすっかり忘れていましたが、まだあるじゃないですか、それらしいのがアプリで。

それも、いま風に進化して。

f:id:freelance_writer:20200421203309j:image

まあまあ、結構評価高いみたいです。

アプリのダウンロードまではしていませんが、チャットの機能は、そのまま?みたい。

f:id:freelance_writer:20200421203406j:image

ちゃんと「ビデオ通話」も。それも30人??

f:id:freelance_writer:20200421203506j:image

いまは、LINEとかZOOMとかありますし、国内でのユーザーは残念ながら未知数。でも、ちょっとしたコミュニケーションには、意外とこういうのが便利だったりもします。昔のICQとの比較がてら、暇な時に試してみようかな?

日本語化はされていませんが、公式サイトが存在します。

ICQ New – stay connected

f:id:freelance_writer:20200421203949j:image