愉しく、ゆったり、のびやかに、自分らしく生きたいものですね。

33rpm 〜 Life+ 〜

Life+ 〜 No Smile, No Life 〜

〜 Disco OZ のこと (1) 〜 記憶を記録

80年代の名古屋にあった Disco OZ について。

名古屋市中区栄三丁目の繁華街にグランドビルというビルがあります。

場所がら、飲み屋さんの集まるビルですが、そのグランドビルの7Fに、1982年12月8日、ひとつのディスコがオープンしました。 今は亡き「 Disco OZ (オズ) 」です。

当時、栄あたりにディスコ、というのはべつに珍しいことではなかったのですが、OZ は他のディスコとは一線を画す特別な存在でした。 パンクかぶれの私たちは「名古屋に "Camden Palace" ができた!」と衝撃と感動で大騒ぎ。

私のOZデビューは開店2日目。 薄暗く、重低音の重苦しい音楽がガンガンと響く店内に足を踏み入れると、Punk & New Wave ♬ そして、記念すべき1曲目は、忘れもしない Clash の "London Calling"。 「ロンドンへ行こう」という本で見たような、まるでロンドンの流行りのクラブのような光景がそこに。 料金が1000円から1500円ぐらいとリーズナブル (女性は500円ぐらい?) というのもあって、お金と時間があれば、とりあえずOZでした。 とくに、"クロのOZ" と呼ばれた、前期のOZは、店内は黒もしくはツートンを基調、店員さんのファッションは迷彩、客層もお洒落でソレ風な人が多く、良い意味で病んだ雰囲気がそこらじゅうに蔓延していました。

DJブースの前のソファー席の向かいの壁面には大型プロジェクターで、グレイスジョーンズのようなとんがった人のや、いろいろとアバンギャルドな画像が投影されていたり、パンク、ニューウェーブ、ロンドン、ファッション、といったキーワードを五感で感じることができ、ワクワクが止まりませんでした。

開店した年と翌年の年末は、迷うことなくOZ。 カウントダウンのときのフロアーは、人、人、人で、暑くて、酸欠状態でクラクラ。 そこに、シドヴィシャスの"My Way" 、新年の一発目は、U2の"New Years Day"、あとはコレでもかと、ピーカーブー、ワンツー・・・。 心臓がバクバク、汗ダラダラ、ヘトヘト。 でも、店内のモニターにはNHKの紅白。 革新と伝統、静と動が混沌とした、なんとも不思議な空間に酔いしれていました。

開店してからしばらく、芸能人・有名人もよく来ていました。 音楽関係の人が多い中、知らないうちに、とある女優さんが隣で踊ってる、ということも。 ツバキハウス、玉椿?とか、首都圏のロンドンナイト系のお店に比べると、当時のOZは、そこまで観光スポット化しておらず、お忍びで来やすい店だった、というのもあったかもしれませんね。

音楽と雰囲気に負けてなかったのが、飲食の充実。 オール・フリーで、カレー、焼きそば、たまにラーメンもあったり。 当時流行りのカクテル系の飲み物もいろいろあり、スクリュードライバー、モスコミュールを知ったきっかけは、OZだったと思います。 しっかり食べて飲めたので、ご飯だけで、ということも何度かあり、それだけでもう十分お得感がありました。

いつ頃だったのかは、ハッキリ覚えてないですが、OZ通信?という機関紙みたいなものもありましたね。 OZで人気の曲が紹介されていて、それを参考に、自分なりの選曲でカセットテープにベスト10を録音し、擦切れるぐらい聴いてました。

とにかく、暇とお金さえあれば通ってたOZ。 お金がないときでも、住吉あたりや、OZのあったグランドビルの前をフラフラするほど、愛して止まなかったOZです。

この、開店から1年間ぐらいのOZが、1番のお気に入りでした。

  • つづく *